未分類

これなら痛くない!iラインのお手入れ方法

iラインのお手入れはもともと芸能人やセレブの間で人気があり、一般の女性にも浸透しましたが、エステで脱毛するのは恥ずかしいという女性も多いようです。iラインを永久脱毛して後悔しているという人もいるようです。
このページでは、iラインのお手入れについて自分で処理する為に気をつけるポイントを紹介致します。

iラインをカミソリでお手入れすると、剃りあとが目立ってきたりして悲惨な目にあうという経験をした方もいるかもしれません。iラインのお手入れをカミソリで処理するのは危険ですし、剃りあとが目立つ事を考えるとおすすめできません。iラインのお手入れがめんどうになり永久脱毛する人も多いようですが、後悔する人も多いようです。後悔している多くの方の処理方法は、完璧に全て脱毛してしまった人で、のちに手術をしたり出産したりする時にかなり恥ずかしかったと言う人が多いようです。

iラインを脱毛器でお手入れする時つらいのが痛みです。特に毛が濃い人だと、光脱毛レベルでは効果が出ない人も多いようです。医療レーザー脱毛は毛が濃い人に効果的ですが、とにかく痛みが強いので挫折する人も多いです。麻酔シートやジェルを使用しても痛いのですから、そのまま当ててくる脱毛エステに行ってしまうとかなりつらいかもしれません。もともと脱毛の痛みに慣れている人でもびっくりするかもしれません・・・。

これなら痛くない!iラインのお手入れ方法

永久脱毛への後悔、痛いのが苦手な方には除毛クリームと抑毛クリームを併用するのがおすすめの方法です。除毛クリームはiラインのお手入れにも効果的できれいに処理できます。除毛クリームで処理しつつ徐々に毛が薄くなっていく抑毛クリームを使用します。

使う前にはパッチテストを

パッチテストとは、お手入れ前にアレルギーや炎症が起こらないかを、小範囲に塗って10分ほど放置して反応を試すテストです。iラインがデリケートな部位に変わりはありませんので事前のチェックは大切です。
vラインのお手入れは、自分磨きに手を抜かない女性にとって必須の処理方法ですよね。しかしvラインのお手入れにはいくつか気をつける事があります。
みなさんはどのような方法でvラインをきれいにしていますか?もしまだカミソリを使っているなら要注意です。

カミソリでのお手入れは安上がりなので一般の女性では行っている人も多いのですが、vラインだけでなく、女性のうぶ毛やムダ毛のお手入れにはカミソリを使用するのはちょっと考え物です。
とくにvラインにカミソリを使うのはとても危険です。ちょうどvラインの近くに大きな血管が走っていて、しかもかなり体表に近い浅い位置にあります。vラインの処理でそんなおおげさなことにはならないでしょと思う方もいるかもしれませんが不運が重なりおおきな事故に繋がるケースもあります。

毛穴がひろがり大きくなってしまうことも

カミソリでvラインをお手入れし続けていると毛穴が広がって目立ちやすくなってしまうだけでなく、黒ずみや色素沈着の原因になってしまいます。一度や二度なら大丈夫ですが、長年習慣としてこの方法で処理していると後から後悔することです。

カミソリでvラインをお手入れしていると気が抜けません。少しでも怠るとぶつぶつとアンダーヘアのあたまが出てくるからです。アンダーヘアはもともと髪の毛よりも太いので、剃り残しのようにぶつぶつなってきます。
vラインをカミソリでお手入れしていて、ちょうど処理を怠けていたある日突然病院に担ぎ込まれた、思いがけず勝負の日になってしまった。。。などなど恥ずかしかったり焦る人と言うのは多いようです。日ごろから抑毛クリームで薄くしておけば、いざという時も安心です。