未分類

肌トラブルのストレスからさよなら!自宅で行うVラインの自己処理法

可愛い下着や水着を着るためにはデリケートゾーンであるVラインの処理が必須です。
ムダ毛がはみ出して恥ずかしい思いを避けるためにも自宅で自己処理を行う女性は多いですよね。
しかし、Vラインの処理を行うたびに肌へのチクチク感や乾燥などの肌トラブルで悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

「サロンで脱毛するとお金がかかかるし、、、」
「見られたくない部分だし、自宅で処理できるなら自分で処理したい。」
という声も聞いたことがあります。
自宅で行える正しいVラインの自己処理方法をここで紹介していきます。

おすすめできるアイテムは電気シェーバー

ここで紹介する自己処理するときにおすすめのアイテムは電気シェーバーです。
剃刀、毛抜きで処理することが悪いわけではありませんが、メリットとデメリットを比較したときにデメリットの負担が大きいことが挙げられます。

メリット デメリット
電気シェーバー
  • 肌を傷つけにくい。
  • 剃刀と違い、ジェルやシェービングフォームが不要
  • 刃の交換が1~2年で必要
  • 剃刀や毛抜きよりも品物自体が高価
剃刀
  • 手軽に広範囲に処理ができる。
  • 電気シェーバーより短く剃ることができる。
  • 毛が伸びてきたときに肌へのチクチク感がある。
  • 肌を傷つけてしまう可能性がある。
毛抜き
  • 毛でが伸びてきたときに肌へのチクチク感が少ない。
  • 毛を毛根から抜くので、剃刀や電気シェーバーよりきれいな状態を長く保てる。
  • 処理時に痛みがある。
  • 1本ずつ抜くので、処理に時間がかかる。
  • 毛を皮膚の奥から抜くので埋没毛になりやすい。

剃刀や毛抜きは安価で入手しやすい品物ですが、処理した時に肌を傷つけてしまい、
肌の炎症をおこしてしまう可能性があります。
Vラインはデリケートゾーンです。
他の身体の部分よりも肌質が繊細です。
安易に処理を行うと自分の手に負えなくなってしまっては元も子もありません。
初期費用はかかりますが電気シェーバーをおすすめします。

電気シェーバーを使用してVラインを処理するときには準備とケアを心がけよう

実際に電気シェーバーを使用してVラインの自己処理をするときの準備と流れを紹介します。
Vラインをデリケートゾーンの処理の中でも比較的簡単な部分になりますが準備を怠ったり
流れを無視した処理を行うと思わぬ肌トラブルになる可能性があります。
処理時に用意するものも記載されているので頭にいれておくと安全にVラインを処理することができます。

準備と流れ
    1. どの部分まで処理するか確認しましょう

剃りすぎてしまったり、好みの形にできなかった場合に取り返しがつきません。
水着や下着を実際に着用してどこの部分まで処理するか決めましょう。

    1. 処理するときは清潔を保ち、毛を短くしておく

まず、処理する部分は清潔にしましょう。お風呂に入ったり、赤ちゃん用のお尻拭きなどを使って清潔な状態にしておきましょう。
そして毛が長すぎては処理しづらかったり、処理する場所も見にくくなっていまいます。
長さをハサミでカットしておくと剃りやすいです。

    1. .蒸しタオルなどで皮膚の表面と毛を柔らかくする

入浴後で、肌が温かい場合はしなくてもよいですが、皮膚の表面と毛を柔らかくすることでシェーバーの刃に引っかかりにくくなり、肌に優しく処理を行うことができます。

    1. 毛の流れに沿って、肌にぴったり当てて処理する

毛の流れに沿ってシェーバーを動かして処理を行ってください。
毛の流れから逆に沿ってしまうと毛と一緒に肌も削り取られてしまい、肌荒れなどの原因です。
また、きれいに剃りたいからといって電気シェーバーを強く当てたり、何度も同じ場所に押し当てないでください。
シェーバー自体が壊れてしまったり、刃で肌を傷つけてしまう可能性があります。

    1. クールダウンもしつつ肌の保湿を欠かさない

処理後の肌はシェーバーの摩擦で肌が乾燥しやすくなります。
冷やしたタオルで処理した肌のクールダウンをさせて毛穴を引き締めてあげてください。
クールダウン後にワセリンなどの保湿剤を使って保湿しましょう。
処理後の肌は乾燥して固くなってしまうと次に生えてくる毛は埋没毛になってしまう可能性があります。処理後1週間は保湿を続けてください。

これまで電気シェーバーを使っていた方もいるとは思いますが実は間違った方法で処理していたり、アフターケアができていなかったりする可能性があります。
少し工夫するだけで安心かつ安全にVラインを処理することができます。

注意点。
Vラインはデリケートゾーンです。
「伸びてきたから処理しなきゃ」と持続的に処理を行ってしまうと肌は刺激をうけ、色素沈着(肌への黒ずみ)を起こしていまう可能性があります。
頻繁に処理をするのは避け、水着を着るときなどのイベントに合わせて自己処理をおこなうようにしましょう。